FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nanajirushi.blog52.fc2.com/tb.php/200-fd740cc2

-件のトラックバック

[T24] γμ???????

γμ???????

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

その男、ボケ男につき(その1)

えーと、いつまで経ってもナニじゃナニなので、ノベルを公開していきたいと思います。


その男、ボケ男につき(その1)

さて、我が人生最大の危機的状況を迎えている僕なワケだが。

目の前には、モヒカン頭をした筋骨隆々の男。僕は身動きが取れない。

(くっそー、お前なんて前じゃ5秒で「あべしっ!」だ)

「あン?何か言ったか?」

「あ、いや、すす、すんません」

やべー!

「まぁいいから、とにかく出せや、金」

「あの、持ってないんです」

「いやいや、冗談はやめてくれや」

明らかに不機嫌そうだ。でも、仕方ない。実はお金なら持っているのだ。でも、このお金を差し出すワケにはいかない。今日、発売のプロレスフィギュアを買うために貯めた、僕の大事な財産なのだ。

「ほ、本当にないんです」

「いや、ホラ。勘違いしないで。あるとかないとか聞いてないからサ、俺。早く出してくれって頼んでるだけだから、俺」

そう言うと僕の鼻柱を小突いてきた。

「あぐぅ」

ぶわ、と鼻血が吹き出して僕はその場にうづくまる。

「なぁ、コレ以上痛いコトされたくないだろ?早く出してスッキリしちゃおうぜ?」

ま、負けてたまるか。僕はキッとモヒカンを睨みつけた。

「あら~、素直じゃないのね?それじゃあ持ち物チェックしないとなぁ」

そう言いながらナイフを出すと、立派な刃で僕のズボンに切りつけてきた。

「ヒィー」

ビリ、ビリ、っと僕の学生ズボンが切り裂かれていく。いつの間にやらパンツ一丁だ。

「さて、まだ出さないならそのパンツともグッバイしてもらうコトになるけど」

モヒカン頭はニヤリと笑ってナイフの刃先をペロリと舐めた。



と、今日はここまでです。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nanajirushi.blog52.fc2.com/tb.php/200-fd740cc2

1件のトラックバック

[T24] γμ???????

γμ???????

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

tillDAWN

Author:tillDAWN
リンクフリーです。メールはtilldawn999@mail.goo.ne.jpまでお願いします。(お手数ですが「@」を半角に変えてご送信ください)
オリジナルサイズのバナーはこちらからどうぞ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。